笑顔の種をまこう!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもたちと一緒に
台風がこちらに接近しているため16日に船が出ないと判断、
子どもたちは急遽14、15日にプログラムを変更しました。

福島の子どもたちは、残念ながら参加できませんでしたが、仙台、石巻の子、そして地元の子も参加となりました。
大学生は子どもたちが来ることをとっても楽しみにしていたので、
来れなくなってしまった子がいるということは悔しい、
福島の子どもたちも楽しみにしてくれていたそうなのでとっても残念です。
でも天候のことなので致し方ありません。

今日は午前中、大学生主体で、子どもたちを迎える準備をしました。
テントをたてる、箸を竹からつくる、トイレ、お風呂、キッチンの掃除
プログラムを書いたり、開会式の司会や進行を考えたり、
キャンプファイヤーの薪の準備をしたり…
IMGP2389.jpg


昨日も子どもたちがどうしたら安全で楽しく過ごすことができるかを
一生懸命考えていた大学生。
DSC_7955.jpg

午前中も分担して、せっせと動いていきます。

IMGP2341.jpg

IMGP2360.jpg



網地島について子どもたちと大学生が合流
はじめはとっても緊張していた子どもたち。
でもすぐに大学生と打ち解け笑顔がうまれていました。

DSC_8098.jpg



プランの変更で14日にイカダレースをすることになりました。
高橋さんがアナウンスで、島内の方々に声をかけてくれました。
急な変更にも関わらずたくさんの島民の方々がイカダレースを見にかけつけてくれました。


子どもたちもチームを決め、チームにわかれ、みんなで海賊旗を描きました。
好きなものを描いたり、好きなキャラクターをイメージして描いたり…
チームそれぞれの旗ができ、イカダの柱にくくりつけました。
DSC_8122.jpg


IMGP2497.jpg



そして、開会式
小野区長さん、阿部さん、高橋さんからのお話を伺い、
富士子さんからの話をしてもらいました。
みんな一生懸命話しを聞いています。

DSC_8131.jpg




その後、
水進式。
富士子さんが代表で海と、船に挨拶、手を合わせます。
子どもたち、大学生、そしてスタッフも一緒に並び、
手を合わせました。

DSC_8173.jpg




少し練習をして、いよいよイカダレースが開始。
小野区長さんの号令と一緒にみんながイカダに向かって走りはじめました。
海に入ると、波にゆられながら懸命にこいでいきます。
筏はチーム力が大事。
イチニ、イチニ、大きい声が飛び交います。

DSC_8221.jpg

IMGP2626.jpg

IMGP2691.jpg

IMGP2636.jpg

DSC_8365.jpg


島民の方々のアンコールの声援を受け、
第2回戦。
そして最後は、島民の方々と、大学生チームと、
勝ったチームとの勝負!
網地島チーム速かった〜。お見事です。

DSC_8276.jpg


応援中も網地島の方々はとっても仲良しで笑い声が
あふれていました。島の方々のチームワーク素敵です。

IMGP2701.jpg

IMGP2424.jpg


時間まで海で少し泳いで遊びました。
IMGP2726.jpg


さて、楽しいイカダレースを終え、
キャンプ場所でカレーつくり。
大学生は今まで教わっていたノウハウを子どもたちに教えます。
子どもたちも一生懸命聞いて、火をつけたり、野菜を切ったり。
カレーはチームごとの色が出る。とっても美味しかったです。

IMGP2957.jpg

IMGP2955.jpg

IMGP2974.jpg

DSC_8376.jpg




夜はキャンプファイヤー。
みーくんと、むねさんによるコント、歌のあとみんなで「猛獣狩り」の
遊びをしました。
キャンプのプロずんこちゃんも本領発揮。
真っ暗の中火をかこみながら笑いが響きます。
子どもたちも大学生に打ち解けてじゃれあっている。
そんな姿が見れて嬉しくなりました。
IMGP3043.jpg


DSC_8407.jpg



夜、大学生は自主的に集まりミーティング
夜遅くまで子どもたちのしおりコメントや、レースの木メダルなどを
描いていました。
真剣に向き合う彼ら、素敵だなと思います。
優しさをいっぱい感じています。
IMGP3015.jpg


はじめに子どもたちが着いた頃は、
「思うようにいかない」
プログラムの進め方、子どもたちの伝え方、ぶつかる部分も多い。
大学生からそんな声も聞こえました。
それでも
彼らが悩むこと、伝えること、話すこと、
子どもたちが笑い、はしゃぐ
その姿、その関係を見ていて、
みんなの思いは、子どもたちに届いている。
そう感じました。
IMGP3025.jpg

IMGP2935.jpg

IMGP2983.jpg

IMGP3005.jpg





この数日で、大学生の姿は変わりました。
火をつけることができなかった
ロープが結べなかった
そんな彼らが今日は子どもたちにしっかりそれを教えていました。
かっこ良いですね。

DSC_8147.jpg

IMGP2479.jpg



大阪よりナターシャさんが14日入り。
このキャンプは本当にたくさんのスタッフが全国各地から集まってくれています。
そして料理、設営、など様々な準備をしてくれて私たちをサポートしてくれています。
野菜もたくさんの方々から頂いています。
感謝、感激です。

また、網地島の方々のサポートも頂いています。
ホームステイ、開村式、ロープワークなどもそうですが、
イカダレースの際、みなさんに食べて頂こうと出した豚汁も
網地島のお母さんが「手伝うよ」と言ってくれ、一緒に作りました。
味噌もお母さんの手作りお手製味噌です。
網地島の方々の優しさにもありがとうです。




明日は子どもたちと、予定があって帰る大学生が一足先に
帰っていきます。

数日だったけど、住んでいる場所をこえ、出会い、話しあい一緒につくりだしてきた仲間。
出会いを大切にしていきたいです。

IMGP2739.jpg





けいこ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://nposmileseed.blog.fc2.com/tb.php/32-3aeceb37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。