笑顔の種をまこう!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関わったすべての方に感謝です。
みなさんのご協力で無事、ワンピースキャンプin網地島を終える事が出来ました。


感謝を込めてスタッフ紹介


ここまでくるのにたくさんのスタッフが一生懸命活動してくれました。
みなさん、ありがとうございます。
全国から、素敵なメンバーが集まりました。



《がってんfrom北海道》
ガイドステーションわっかの代表です。
コーディネーターとして3月の島入りからずっとずっとプログラムを練ってくれました。
自然の豊かさ、厳しさ、人としての心をわかりやすく教えてくれる師匠です。
地球環境の本質を感じ取る事、人と人のつながり、自然のリズムなど、
今このタイミングで、ここでしか感じる事が出来ないことを学びました。
がってんはキャンプ前より、機材の手配、協賛のお願い等も動いてくれていました。
【五感は自分の為のものではなく、他とのコミュニケーションツール】
この言葉は一生忘れないと思います。
ありがとう。ありがとう。


《おざざさんfrom和歌山》
緊急支援と物作りをメインに活動しているおざざさん。
今回は料理隊長として、メニューを決めたり、和歌山からの食材提供、
当日の料理サポートとして、活躍してくれました。
大学生からも大人気の存在です。
おざざさんのゆるさと、心配り、的確なアドバイスに
キャンプ中たくさんの人が救われていました。
ありがとう。


《うっきーfrom和歌山》
緊急支援と物作りをメインに活動しているうっきー。
うっきーは料理隊兼火付けプロとして、火付けのノウハウを伝授してくれました。
持ち前の美的センスでスマイルシードの旗もつくってくれました。
素敵な笑顔と、臨機応変な行動で、おざざさんに負けないほど、大人気でした。
さりげない優しさ、ジョークありがとうございます。


《ぽんさんfrom和歌山》
音楽係もパソコン係もなんでも器用に操るぽんさん。
影の立役者として今回は主に事務処理、映像班として活躍してくれました。
富士子さんのサポートと、島の方とのヒヤリング等もやってくれていました。
場にあった冷静な判断とアドバイス、ありがとうございます。


《ずんこちゃんfrom北海道》
北海道のNPOに勤める看護師のずんこちゃん。
看護師として、みんなの活動が安心したものになるよう、
ずっと目を配っていてくれました。写真班としても活動。
とってもサバサバしていてしっかりしてるけど、チャーミングな面もあって
みんなのよきお姉さんです。
ありがとう。


《ナターシャfrom東京》
子ども達の引率と看護師として場をみてくれました。
冷静沈着であり、とっても美人で芯の強い優しいナターシャ、ありがとう。


《ひーさん》
緊急支援のひーさん。
今回も雫石での活動の後、キャンプに参加してくれました。
ひーさんは、車の搬入やみんなを見守る役として活動していました。
素敵な笑顔のひーさん、ありがとうございます。


《けいこfrom福島》
福島で活動しているけいこは、
キャンプ中の大学生のサポートをしてくれました。
自分が必要なことを常に考え、一生懸命動いてくれました。
全力でした。
準備の段階から福島の大学生と子どもに発信してくれました。
手づくりのしおりと主体性もありがとう。


《ちーさんfrom石巻》
キャンプ中の大学生のサポートをしてくれました。
持ち前の天真爛漫な笑顔と女子力を生かし、
あっという間にみんなのアイドルとなって、周りをみてくれていました。
心配り、ありがとう。


《わらびーfrom宮崎》
キャンプ中の大学生のサポートをしてくれました。
大学生と年代も近い事もあり、よきお兄さんとして奮闘していました。
彼は、キャンプの一週間以上前から島に入り、竹切りや会場セッティング、
草刈り等の整備もやってくれました。
ありがとう。


《あべさんfrom石巻》
島の事前準備としての竹切りや薪づくりと会場セッティングをしてくれました。
木材の加工もなんのその。
テキ屋さんだった阿部さんに食材の紹介もいただきました。
いつもテキパキありがとうございます。


《うっちーfrom仙台》
福島の子ども達の引率準備をしっかりしてくれました。
台風で子ども達がこれなくなってしまったのは残念だったけれど、
うっちーの気持ちは通じていると思います。
筏の旗も作ってくれました。
準備しているスタッフに愛情たっぷりのおにぎりを差し入れてくれたりもしました。
いつも気配りありがとう。


《ぶんさんふきさんfrom石巻》
いつもスマイルシードの活動のサポートをしてくれているぶんさんとふきさん。
今回は福島の大学生の前泊の受け入れと、大学生集合場所への引率、
子ども達の集合場所までのアテンドを行ってもらいました。
石巻チームとして、搬入もやってくれました。
ありがとうございます。


《あのさんfrom横浜》
子どもが大好きなあのさん。
事前準備として、会場セッティングをやっていただきました。
福島の子ども引率担当の予定でしたが、台風で来れなくなってしまいました。
あのさんはいつも独特の笑いをみんなにくれるムードメーカー。
ありがとうございます。


《はるちゃんfrom東京》
キャンプの準備、キャンプ後の片付けをやってくれました。
はるちゃんは大きい愛でつつんでくれます。
笑顔が素敵な女子力マックス人です。
県外のイベントで、子ども達と一緒にキャンプのドネーションを募ってくれたり、
スタッフのご飯を作ってくれたりと活動してくれました。
ありがとう。


《みゆきfrom福島》
スマイルシードのスタッフとして
準備の庶務と大学生のサポート担当で活動しました。
うっかりもののおっちょこちょい、私自身たくさんの学びがあったキャンプでした。


《ふじこさん》
スマイルシード代表、黄本富士子氏。
彼女の一声からはじまったこのキャンプが、
たくさんの人の心に響くものとなりました。
大学生のアテンド、キャンプ中の陰ながらのサポート、ありがとうございます。
みんなをぱっと笑顔にしてくれる明るさと、
瞬時に子ども達の反応に気づき、アドバイスをしてくれるアドバイザー。
人に伝える事が上手で、きらきらしている素敵な人です。
このような機会をつくってくださり、誠にありがとうございます。




この他にも、たくさんの仲間がキャンプの成功の為にサポートをしてくれていました。
ジョイフル網地島の
小野区長、高橋さん、のりちゃん、なごみママ、
島の楽校とみあきさん、久丸船長、リック、きなこさん、たかさんなど、
たくさんの島の方が関わってくださいました。


たくさんの方の愛で、今回のワンピースキャンプ
たくさんの笑顔の種をまく事が出来ました。


花が咲くのは、各々のタイミングになりますが、
きっと次に繋がる事と思います。


ご支援ただいた皆様、ありがとうございました。




みゆき
スポンサーサイト
ワンピースキャンプin網地島 無事終了
17日、たくさんの暖かい気持ちをもって
島の人に見送られながら大学生とけいこが帰っていきます。


その後は
スタッフみんなで片付けです。
楽校、白浜、沢の家、お世話になった場所に感謝をこめて。

がってん、ふじこさん、おざざさん、うっきー、ぽんさん、わらびーも
夕方便の船で帰って行きます。

みんなが帰ってしんみりした気持ちになりました。

島民のみなさま、スタッフ、ご支援いただいたみなさんの愛で、
ワンピースキャンプin網地島は、無事終了する事ができました。
ありがとうございます。
キャンプは終わりですが、今後に続く何かを各々が得たと思います。
今後ともどうぞよろしくおねがいします。





島に残ったひーさんとみゆきんぐで、
残りの後片付け。

夜は、地域のみなさまと一緒に火曜恒例バレーボールに参加させていただきました。
わくさんの笑いとわくさんの汗をかき、リフレッシュ。



今後も島の方と同じおもいを共有していきたいとおもいます。



みゆき










旅立ち
キャンプ最終日

今日は大学生が朝食を作ってくれました。最終日という事で、スタッフも大学生と一緒にテーブルを囲んでの朝食。寂しさを感じつつも、今までの思い出を語りながらの朝食の時間はあっというまに過ぎていきました。
DSC_9007.jpg

DSC_9013.jpg


その後は、今までお世話になった島の楽校の片付けです。スタッフと大学生が一緒になって心を込めて掃除を行いました。掃除をしている大学生の表情は真剣そのもの。『今までお世話になったんで…』と言いながら掃除をする彼らの後ろ姿は、来たときより一回りも、二回りも大きく見えました。


掃除・片付けの内容は盛りだくさん。トイレ、シャワー、キッチン、食堂、かまど、テント、体育館、筏など…
昨日の台風の影響で木の葉や泥もあちこちにたまっていましたが、それでも7人で力を合わせ、心を込めて掃除をする学生達。確実にみんなの心の中に感謝の気持ちが芽生えているなーと感じました。自分たちで今やるべき事を考え、役割分担をし、時間配分を考える。初日には出来なかった事がどんどんできるようになっていく。むしろ、僕らがパワーをもらい、助けられながら共に成長していく。

DSC_9027.jpg

DSC_9031.jpg

DSC_9042.jpg

DSC_9048.jpg

使用させて頂いた施設をピカピカに掃除し、仕上げに島の楽校に植樹を行いました。和歌山のけんたガーデンさんよりご支援頂いた桜、サルスベリ、高野槙をみんなで愛情込めて植えました。『大きくなーれ、大きくなーれ』と話しかけながら、心を込めて。

DSC_9061.jpg

DSC_9090.jpg

DSC_9101.jpg

その後、昼食のおにぎりを持って、ホームステイ先に手づくりの看板を届けに行きました。昨日、感謝の気持ちを込めて作った看板。ホームステイ先の皆さんにも喜んで頂き、最高の笑顔を見る事ができました。

DSC_9111.jpg

また、島の楽校の阿部さんには手づくりの旗をプレゼント。こちらもとても喜んで頂き、学生達も嬉しそうでした。阿部さんには、最初から最後まで本当にお世話になりました。ロープワーク、筏作り、野菜の切り方、薪の割り方、火のおこし方…

阿部さんのおかげで大学生だけでなく、スタッフにも多くの学びがありました。ありがとうございました。
IMG_4892.jpg

午後2時、大学生が島から旅立つ時。
自然と出てくる感謝の気持ちの数々。
IMG_4894.jpg

IMG_4898.jpg

キャンプ中、いろいろな出来事がありました。楽しい事、嬉しい事、悲しい事、腹が立つ事。晴れの日、雨の日、台風も乗り越え感じた自然と共生することの楽しさと難しさ。日常生活では味わう事の出来ないたくさんの経験を経て築いた絆。

このキャンプはここで終わりではありません。このキャンプに関わったすべての人が、この経験を次に繋げていくことが大事だと心から思いました。

最後に、参加してくれた学生達、様々な形で支援して頂いた皆様、網地島の皆様はじめ、野外環境コミュニケーションキャンプに関わるすべての方に感謝します。本当にありがとうございました。

「自然は常に変化するもの」

わらびー
大学生が網地島に来てから1週間が経過しました。
長いようだったキャンプも明日で終わり。日に日に大詰めになってきています。

朝起きて外に行くと島の高台にある楽校でも波の音がゴーゴーと聞こえてきました。
予想通り、今日は波がうねり、船の出航はできません。

7時から朝ご飯の支度。
本日の献立はパン、スクランブルエッグ、サラダ、スープ。
DSC_8460.jpg
料理隊、おざざさん、うっきーが豆乳スープをつくってくれました。
んーーどれもとってもおいしい。
はじめは不慣れだった火付けや料理もみんな慣れっこになっています。
昨日からの雨で木材がしめっていて火がつけにくい状態でも
知恵を出し合い、火をつくっています。
チームワーク、連帯感を感じています。
仲間って素敵です。


ご飯後、台風対策に向けて動きはじめます。
晴れているうちに、筏を解体します。
DSC_8511.jpg

いっぽんいっぽん縄をとり、洗い移動をさせます。
DSC_8505.jpg

風もどんどん強くなっているので、
とばされないように注意しながらの作業です。
DSC_8503.jpg


ロープワークの達人、阿部さんから最後にとまたひとつロープワークの伝授を受けました。
阿部さん、本当にありがとうございました。
DSC_8618.jpg



その後がってんより地球学講座。
DSC_8521.jpg


台風の大きさ、動き、風向き等の話をしてくれました。
台風がどのくらいの速度で現在のところにいるのか、
10分後、1時間後には、どこまでの風力を感じられるのか、天気はどんな変化があるのか
先の先をイメージしながら、今の行動をとっていくこと。
台風のときは、動物たちも察知して、早めに安全な巣にもどっていくそうです。
雲や、風から次の変化を、五感で感じる作業です。



風はどんどん強くなってきます。
テントを死守するために安全な場所を探しテントの移動を開始。
DSC_8545.jpg


お母さんから流し焼きを差し入れで頂きました。
ありがとうございます。


お昼ご飯を作り始めると、雨がふってきました。
風もどんどん強くなっています。
いよいよ台風がすぐそこまでやってきています。
大学生は合唱をしながら、火をおこしていました。
どんな時でも楽しむ心を忘れません。


メニューはリメイクカレーとお母さんから差し入れでいただいた流し焼き。
たかちゃんシェフがこだわった味付けは美味でした。
ごちそうさまです。
炊き出し方式の皿洗いも板についています。
DSC_8472.jpg


その後は、更なるテントの強化。
風がどんな動きをするのか、城を守るため、必要なことはなにか。
みんな各々で考えます。


その後は昨日に引き続き、旗づくりと看板づくり。
DSC_8708.jpg

DSC_8715.jpg
無事完成!!

本日のおやつは料理隊特製のラスクです。
愛情たっぷり。

DSC_8643.jpg


明日、みんなで届けにいきます。完成写真は明日にアップします。
ここでも楽しむ心、忘れていません。
作業が一段落したあとは、フェイスペインティング大会。

DSC_8692.jpg

どっかーーーーん
DSC_8697.jpg


最後の晩餐は大学生たちが食材をみて、レシピを考えます。
作る作業も楽しいね。
DSC_8762.jpg
ハロウィンパーティーみたいです。

DSC_8771.jpg


最終的に揚げ物大会になりました。
串カツっぽいのやら、野菜の天ぷらやら、
とってもおいしいご飯でした。

今夜は正宗とちょうなの漫才大会です。
最後の夜も楽しんでいます。


台風でも吹き飛ばされなかったテントで、
チャレンジャーの大学生は寝る決意をし出て行きました。





DSC_8724.jpg

本日のベストショット
台風のあとのサプライズな空


明日ももりもりな内容でっす。


みゆきんぐ

出会い
朝、風がひゅーひゅーとふき、
雲行きを怪しくなってきました。
台風が目の前に来ています。
朝ご飯はバケットを焼き、卵料理、スープ、各班で協力して作りました。
ご飯もチームで楽しそうに会話をしながら食べていました。


ご飯を終えると
予想よりも台風が早く来ているということで
当初予定していたものより出発時刻を早め船に乗ることに。
大学生から、お別れ会をしたいという案をもらっていたので
お別れ会をキャンプ場でおこないました。

お別れ会では、大学生が昨日の夜書いた賞状と、
木メダルを子どもたち一人ひとりに渡していました。
愛がこもっている送りものです。
そしてスマイルシードとKEENからいただいたグッズも景品としてプレゼント。
予定よりも早く帰ることになって残念でしたが、
みんなの笑顔はたくさん見ることができました。
IMGP3104.jpg



6日間一緒に過ごした大学生の数人も17日に予定があるため、
今日子どもたちと一緒に帰ります。
最後に大学生でも集まって、帰る人から一言。

そして、学園長から大学生にも賞状と、景品、寄せ書きを渡しました。
大学生と同じように昨日の夜私たちも、寄せ書き、賞状を大学生に作っていたのです。
IMGP3134.jpg


帰るスタッフからも一言。
「よわよわしい子たちだなと最初は思っていたけど、
見守っていくうちにたくましくなっていって、その姿を見ることができて嬉しかった。
「このみんなが集まって、一緒につくりあげていくことができて嬉しかった。
「挑戦し続ければ必ずできる」

みんなの話しを聞いていて、
人はつながっているんだなと感じました。

そして
同じ時間を共有し、ひとつのことを一緒につくりあげていく
そこには、表面上ではない、つながりができていくような気がしました。

普段では集まることができない
大学も違う学生たちが出会う。
不思議なご縁だけど、そのご縁に感謝です。
IMGP3145.jpg


大学生たちは
「帰りたくない~」
「帰ってほしくない~」
「寂しい」
と嘆いていました。
涙を見せる子もいました。
一人一人の存在の大きさを感じます。
誰かがかけてもこの環境は作り出すことができかったと思います。

よなよな、ああでもない、こうでもないと話しをしていた大学生チームのみんな。
ふざけ合って笑っていたみんな。
いろんなみんなの思いとみんなの個性で、このキャンプは素敵な場となりました。


お別れ会が終わると
港まで帰る組を送りに行きました。

子どもたちともここでお別れを。
大学生のみんなは一人一人子どもたちに声をかけていました。
子どもたちは恥ずかしそうな、でも嬉しそうな表情をしていました。

するとある一人の子が私の元にも来て手を差し出してくれました。
握手をしにきてくれたのですが、とっても嬉しかったです。
出会えて良かったなと思います。

昨日から「たーかーふーみー」というコールが子どもたちの中ではやっていたのですが
港でも叫ぶ子どもたち。最後まで「たかふみ」コールはやみませんでした。
大学生のたかふみくんはこんなに子どもたちに
自分の名前を呼ばれるとは思っていなかったでしょう。


いつもサポートしてくれる高橋さん夫妻も見送りに港に来てくれました。
カラーテープを持ってきてくれ、みんなでお見送り。
船が進んでいくとカラーテープはのびていき、ひらひらと切れて落ちていきました。
船が見えなくなると寂しい気持ちになりました。
IMGP3208.jpg



解散後、みんなしんみりムードのまま片付けです。
台風の影響で大雨の中、
筏レースの筏を白浜に回収する班と流木拾い班に分かれての作業です。
予想以上に波が高く、流木拾いは断念。

帰ってきて、看板と旗作りです。
こちらもイメージづくりから。
IMGP3320.jpg
IMGP3275.jpg


大雨につき緊急MTG。
がってん校長から台風の際の過ごし方を伝授してもらいました。
天気予報とにらめっこ。少しずつ荷物を運びます。
IMGP3313.jpg


どんどん雨が強くなり、テントは水の上に浮かんでいるようになってきています。
校庭の大部分が大きな水たまり状態。バケツをひっくり返したような大雨です。
土砂降りの後、雨が落ち着いたところを見計らって、スコップ片手に雨の通り道作りです。

IMGP3307.jpg

IMGP3280.jpg

地形を見て、どんな風に通り道をつくるのがいいのか、
どこに流すのがいいのかを考えながら掘り進めます。
ちょうなとひでさんが泥だらけの中ずっと頑張ってくれました。
ありがとう。

おやつはおざざさんとうっきーの愛情たっぷりバナナパンケーキ♡
IMGP3284.jpg


その後はみんなでBBQ。
おいしいご飯でした。
連日、朝は早くご飯を作り、夜遅くまでMTGをしていたのが続いていたため、
本日は8時就寝です。
明日に備え、みなさん、ゆっくり休んでね。




けいことみゆき


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。